PVソーラーハウス協会 > 活動内容 > ハニカム構造・断熱ブラインド《ハニカムaSsu》

ハニカム構造・断熱ブラインド《ハニカムaSsu》

ハニカム構造・断熱ブラインド《ハニカムaSsu》とは

3dea198148a55c9e57add2c8bc896b41蜂の巣のような構造(ハニカム構造)をしたブラインドで、この構造が「空気」を閉じ込めることにより、窓のブラインドとして機能を果たしながらも、窓からの外気侵入や室内の暖気・冷気の流出を抑える「断熱材」のような役目をします。ハニカム層のサイズは、空気層が2列ある「45㎜W」(ダブル)と、空気層が1列の「45㎜S」「25㎜s」「38㎜S」(シングル)があり、ダブル仕様は空気層が二重構造になっていることで、より高い断熱効果を発揮します。冬期は、窓からの外気侵入や室内の暖気・冷気の流出を抑えることができます。夏期は窓からの日射遮蔽に優れています。その効果により室温の変動を抑え、お部屋を快適な温度に保つことができまます。 

※空気層のサイズは、ブラインドを畳んだ状態の生地幅となります。※ブラインド生地には「採光」と「遮光」と「防炎」があります。

《ハニカムaSsu》の特徴

hanimau2

1.優れた窓の可変断熱材

ハニカム構造・断熱ブラインド《ハニカムaSsu》は、窓の断熱材です。冬期は、窓からの日射取得で暖房エネルギーの削減と夜間は断熱強化を行います。夏期は窓からの日射遮蔽材として室温上昇を抑制し冷房エネルギーを削減します。その効果により室温変動を抑え、お部屋を快適な温度に保つ手軽な窓の可変断熱(季節・気温の変化に対し開けたり閉めたりすることで断熱効果・遮蔽効果を発揮し、快適な環境を得られる)が可能です。

2.コストパフォーマンス

従来の断熱型ブラインドはコストが高いというのが問題でしたが、《ハニカムaSsu》は低コストを実現した高性能な窓の可変断熱材ですので、オーダーカーテンと同程度の予算で導入が可能です。

3.インテリア性

ハニカム構造・断熱ブラインド《ハニカムaSsu》は窓に合わせて1mm単位のオーダーメイドで製作されるため、どの窓にどんなブラインドを設置したいのか、お客様の好みでお選びいただくことができます。窓枠内に設置をすることが出来るため、カーテンをつけるよりもすっきりとした印象のお部屋になります。お部屋のイメージに合わせたコーディネートが出来るよう、豊富なバリエーションをご用意いたしました。

 

パッシブソーラー設計に必須アイテム

S0601067

パッシブソーラー設計とは、自然界にある太陽などの恩恵を受けるような設計デザインを心がけ、基本となる断熱・気密・蓄熱により住宅の保温性能を向上し、使用するエネルギーをできるだけ少なくするという考え方です。

特に窓のからの日射取得を有効にする設計スタイルから、大きくなった窓からの熱損失にブレーキをかける必要もあります。特に季節・時間帯・天候に応じて窓の断熱性能を有効的に変化ができる為には、窓の断熱性能が可変的に変動しないと実現できません。

この「ハニカムブラインド」は、「開けたり」「閉めたり」ができることで窓の性能を変化させ日射取得と日射遮蔽が実現できる優れた窓の断熱商品となります。今後のパッシブソーラー設計では欠かせない窓の可変断熱材として、お手軽に活用いただけるアイテムです。

 

fuyu

 

natu

 

 

詳しい内容は[ハニカム構造・断熱ブラインド《ハニカムaSsu》]の専用Webサイトへ