沿革

P.V.ソーラーハウス協会の略歴と事業の推移です。

1996年10月 太陽光発電を利用した省CO2住宅のグループを組織化
1997年10月 P.V.ソーラーハウス協会の設立
1999年11月 株式会社 ピーブイ・ソーラーハウス協会 設立(運営企業を別法人化)
2000年04月 P.V.ソーラーハウス協会 会長に南野一也が就任
2000年10月 (財)新エネルギー財団 「基礎調査委員会※」の委員に南野一也が就任(任期1年)
2001年05月 P.V.ソーラーハウス協会 太陽光発電システム独自モニター補助金制度 開始
2002年08月 NEDO補助金 高効率設備導入促進事業 取り組み開始
2003年10月 潜熱蓄熱利用のパッシブソーラーハウスの取り組み開始
2006年12月 CO2排出量70%削減を目指す「2050年型省エネ住宅」プロジェクト 開始
2007年08月 省エネ樹脂サッシ マイレージ制度 開始
2008年08月 全国1メガワット設置計画 太陽光発電システム3kW 99万円(税別)キャンペーン開始
2009年09月 低炭素社会対応「グリーンリフォーム事業」取り組み開始
2009年09月 国交省補助金「住宅・建築物省エネ改修推進事業」取り組み開始
2009年10月 P.V.ソーラーハウス協会 太陽光発電システム独自補助金制度の開始
2011年03月 オリジナル商品 ハニカム構造・断熱ブラインドの販売開始
2011年04月 震災復興支援・被災地に太陽光発電を贈るプロジェクト 開始
2012年03月 低炭素社会対応のパッシブデザイン型エコオフィス(協会本部)の建築を開始
2012年08月 太陽光発電の格安流通サイト PV市場.com の運営開始
2012年10月 低炭素社会対応のパッシブデザイン型エコオフィス(協会本部)に移転
2015年08月 沖縄県の委託事業『ZEH-沖縄プロジェクト』~沖縄県のゼロエネルギー住宅の普及を促進する事業~
2015年10月 北海道事務局の開設
札幌市東区北17条東16丁目にオープン

※正式名称は「住宅用太陽光エネルギー利用システムの市場形成基礎調査委員会」