会長あいさつ

 21世紀型住宅を会員企業とともに

会長

 協会の活動理念である「住宅の省CO2化」と「健康で快適な住環境」の普及は、今までの現代社会においては相反する事として見られてきました。20世紀型社会は、社会生活を便利でハイスピードの社会へと導いてくれました。しかしそのことで、大量のエネルギーを消費し、地球の温暖化を招いてしまいました。一方、住宅内においては、狭い浴室空間にてヒートショックが原因で、何と交通事故死亡者の3倍もの方が亡くなっているという現状があります。ある意味住宅は、圧倒的な凶器として存在しています。この問題の解決は、住宅の暖房空間の拡大が一番の対策です。しかし暖房空間の拡大は、大量エネルギーの消費に直結します。今までの日本の住宅のおける暖房は、この部屋だけ、この時間だけ暖める、部分間欠暖房を前提としていました。そこで少々の高断熱化を行っても、暖房空間の拡大は、省エネ化を進めることが出来ません。それは同時にCO2の増加につながってしまいます。私たちP.V.ソーラーハウス協会では、この相反する問題にチャレンジし「省CO2対策を前提に、生活者の健康で快適な生活を目指す住宅」の普及を目指して活動しております。低炭素社会に向けた、21世紀型住宅の先駆者として、協会本部と全国の会員企業と一緒になり活動し、活動理念の実現のために努力をしています。ここで改めて宣言をします。「住宅からCO2を大幅に削減します!」、「居住者が健康で快適な生活ができる住宅の普及に邁進します!」

 

会長 南野一也

経歴

1963年に兵庫県洲本市(淡路島)で建設業の家に生まれる。幼少期より、住宅、環境、エネルギーに興味を持つ。東海大学工学部光学工学科でソーラーハウス、法政大学文学部史学科にて中国史を学び、住宅業界に身を置く。1997年に活動理念である『住宅の省CO2化』と『健康で快適な住環境』の普及を前提に、P.V.ソーラーハウス協会を設立。CO2マイナス80%の低炭素社会に対応できる住宅『2050年型低炭素住宅』の普及に力を注いでいる。

 

具体的な活動内容

第一に、住宅のスペックを現在の基準ではなく、将来の低炭素社会に予想されるスペックの住宅の普及。

特に、断熱のレベルの向上と設計上の工夫を駆使してパッシブソーラー理論を盛り込んだ住宅の普及を実行し、全館空調でありながら、エネルギー消費を大幅に減少させ、スペック向上のコストアップ分は削減された光熱費から捻出する予定です。

目指す住宅は、ZEHの普及。ポイントは「ゼロエネ」「ゼロCO2」「光熱費ゼロ」の「トリプルゼロ住宅」。当協会では理論や技術の教育を会員企業様に実行し、全国の会員企業様を通じて普及を図ります。

第二は、再生エネルギーの普及を強力にしかけています。

特に、太陽光発電はその最有力です。太陽光発電の場合、消費者にどれだけ安く届けられるかが普及の鍵を握っています。そのためには、仕入れ能力の充実と商流の革新が必要です。協会本部では、太陽光発電の共同購入事業を大規模で行っており、会員企業様を通じて消費者に安い価格でお届けできる体制が整いました。また同時に、太陽光発電の普及拡大のための知識を研修という形で会員企業様に伝達しています。

基礎的な知識はもちろん、お客様に対してのプレゼン方法から、工事に対しての施工技術研修まで実施しています。