Blog > P.V.ソーラーハウス協会

P.V.ソーラーハウス協会

P.V.ソーラーハウス協会概要

グループ名 P.V.ソーラーハウス協会
所在地 本部    〒301-0855 茨城県龍ヶ崎市藤ヶ丘4-5-2
関西事務局 〒540-0033 大阪府大阪市中央区石町1-1-11-605
九州事務局 〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴3-6-23-301
研修所   〒301-0856 茨城県龍ヶ崎市貝原塚町中島3055-9
設 立 平成9年10月29日
運営企業 株式会社 ピーブイ・ソーラーハウス協会
会 長 南野 一也
関西理事 茅原 守雄
九州理事 松尾 辰彦
加盟店種類 建設会社会員 家電業界会員 賛助会員 P.V.Shop会員
従業員数 19名
加盟店数 171社(2010年5月現在)

 

活動理念

今後訪れる低炭素社会を前提に、『住宅から排出されるCO2の削減』と

『生活者の健康で快適な生活』が可能な住宅の全国普及。

本来地場産業である住宅業界において

全国の各地域で頑張っている地域ビルダーに

教育、経営、技術などのサポートを行い

優良な住宅の作り手となる企業を育成する。

 

沿革

平成 8年10月 太陽光発電を利用した全電化住宅のグループを組織化
平成 9年10月 P.V.ソーラーハウス協会 設立
平成11年11月 株式会社 ピーブイ・ソーラーハウス協会 設立(運営企業を別法人化)
平成12年04月 P.V.ソーラーハウス協会 会長に南野一也が就任
平成12年10月 (財)新エネルギー財団 「基礎調査委員会※」の委員に南野一也が就任(任期1年)
平成13年02月 「P.V.Shop」加盟店募集
平成13年05月 P.V.ソーラーハウス協会 太陽光発電システム独自モニター補助金制度 開始
平成14年08月 NEDO補助金 高効率設備導入促進事業 取り組み開始
平成14年11月 北海道住宅(高断熱住宅)の取り組み開始
平成15年10月 潜熱蓄熱利用のパッシブソーラーハウスの取り組み開始
平成18年12月 CO2排出量70%削減を目指す「2050年型省エネ住宅」プロジェクト 開始
平成19年01月 北海道帯広市に潜熱蓄熱利用の高断熱パッシブソーラーハウス展示場 完成
平成19年08月 省エネ樹脂サッシ マイレージ制度 開始
平成20年08月 全国1メガワット設置計画 太陽光発電システム3kW 99万円(税別)キャンペーン開始
平成21年08月 ヒートポンプ式輻射+蓄熱暖房システム取り組み開始
平成21年09月 低炭素社会対応「グリーンリフォーム事業」取り組み開始
平成21年09月 国交省補助金「住宅・建築物省エネ改修推進事業」取り組み開始
平成21年10月 P.V.ソーラーハウス協会 太陽光発電システム独自補助金制度の開始
平成23年04月 震災復興支援・被災地に太陽光発電を贈るプロジェクト 開始

※正式名称は「住宅用太陽光エネルギー利用システムの市場形成基礎調査委員会」