PVソーラーハウス協会 > NEWS > イベント情報 > 審査結果速報!エネマネハウス2014で当協会の断熱ブラインドを採用した『東京大学チーム』が『最優秀賞』を受賞!

審査結果速報!エネマネハウス2014で当協会の断熱ブラインドを採用した『東京大学チーム』が『最優秀賞』を受賞!

エネマネハウス2014 審査結果速報!!

エネマネハウス2014にて、当協会の『ハニカム構造・断熱ブラインド』を採用して頂いた『エネマネプロジェクト東京大学チーム』の『CITY ECOX』最優秀賞受賞!

エネマネハウス2014で最優秀賞を受賞した東京大学のモデル住居

「エネマネハウス2014(2014年1月28日~1月31日開催)」は、経済産業省資源エネルギー庁の事業の一環として、大学と企業の連携により、“2030年の家”をテーマに、“エネルギー”、“ライフ”、“アジア”の3つのコンセプトの下、先進的な技術や新たな住まい方を提案するモデルハウス5棟が建築・展示されたイベントです。

高気密・高断熱の提案として、当協会の「ハニカム構造・断熱ブラインド」を南北面の窓に採用して頂いた「東京大学チーム」のモデル住居「都市型集合住宅 CITY ECOX」が、全体的な完成度の高さに加え、居住者のライフスタイルに柔軟に対応できる集合住宅というコンセプトが明確な点などが評価され、「エネマネハウス2014」において、最優秀賞を受賞されました。

 エネマネハウス2014で最優秀賞を受賞した東京大学のモデル住居   ハニカム構造・断熱ブラインド   ハニカム構造・断熱ブラインド

 


 

***スタッフ報告*******************************

▼イベントスタッフとして「エネマネハウス2014」に参加させて頂いた当協会スタッフからのご報告です▼

 

■エネマネハウス2014(東京ビックサイト)が開催されました

エネマネハウス2014で最優秀賞を受賞した東京大学のモデル住居内の様子エマネハウス20141月29日(水)~1月31日(金)開催)にて、当 P.V.ソーラーハウス協会の『ハニカム構造・断熱ブラインド』『東京大学チーム』のモデル住居に採用されており、協力企業として当協会のスタッフもイベントに参加させて頂きました。

『エネマネハウス2014』は、経済産業省資源エネルギー庁の事業の一環として、 “2030年の家”をテーマに公募により選抜された5つの大学(参加大学:慶應義塾大学、芝浦工業大学、千葉大学、東京大学、早稲田大学)が、モデルハウスを建築し、展示したイベントです。

※エネマネハウス2014について⇒ http://www.low-cf.jp/enemane.html

 

予想以上の来場(開催者発表来場登録数:3日間で4万5千人以上)があり、モデルハウス内が人であふれるほどの盛り上がりとなりました。

当協会もこのようなイベントに参加させて頂きとても嬉しく思います。

 

『ハニカム構造・断熱ブラインド』は、来客された方々から「カーテンよりスッキリして良い」「上下で開け閉めできるのは面白い」「簡単に断熱効果が得られるのはとても良い」などの嬉しいご意見を多数頂きました。

 

 ご来場頂きました皆様、ありがとうございました。

 

■エネマネプロジェクト東京大学チームの『エネマネハウス』について

《ゼロエネルギー化を目指した都市型低層集合住宅のプロトタイプの設計とその実証事業》

前 真之准教授をプリジェクトリーダーとし、「2030年における都市型集合住宅のZEHプロトタイプ」設計、実証し、様々な変化へ柔軟に対応するフレキシビリティを持った集合住宅「CITY ECOX」を提案してします。

エネマネハウス2014で最優秀賞を受賞した東京大学のモデル住居の模型     エネマネハウス2014で最優秀賞を受賞した東京大学のモデル住居

設計趣旨
『わたしたち東京大学チームはテーマとして「フレキシビリティ=柔軟性/適応性」を選択しました。2030年において都市環境は変化し、また住宅が受け入れるべきライフスタイルはより多様化するからです。多様で、常に変化を続ける都市環境やライフスタイルに柔軟に適応する不定形な器のような住宅と、それが喚起する自由で創造的な、新しい住まい方を描きたいと考えました。』                                         (プレゼン資料より引用)

エネマネハウス2014で最優秀賞を受賞した東京大学の展示ブース

■エネマネプロジェクトについて

経済産業省資源エネルギー庁の事業の一環として、大学と企業の連携により、“2030年の家”をテーマに、“エネルギー”、“ライフ”、“アジア”の3つのコンセプトの下、先進的な技術や新たな住まい方を提案するモデルハウス5棟を建築・展示。

 
  • 参加大学:慶應義塾大学、芝浦工業大学、千葉大学、東京大学、早稲田大学(五十音順)
    上記5大学は、公募により決定。エネマネハウス2014東京大学のポスター
  • 東京大学チーム:前 真之准教授をプロジェクトリーダーとし、「2030年における都市型集合住宅のZEHプロトタイプ」を設計、実証し、様々な変化へ柔軟に対応するフレキシビリティを持った集合住宅を提案。
    今回、高気密・高断熱の提案として、ハニカム構造・断熱ブラインド窓の南北面に採用となりました。

■東京大学チームの皆様、最優秀賞受賞おめでとうございます!

エネマネハウス2014において、審査の結果、

エネマネプロジェクト東京大学チーム最優秀賞を受賞されました。

これは総合評価点が最も高かったことになります。

無暖房にも関わらず常に20度以上の室温を保つ、とても居心地の良い空間の実現!

太陽光エネルギーを、最大限活用しているシステム!

とても素晴らしいモデル住居でした!

末筆ではございますが、東京大学チームの皆様、この度は最優秀賞の受賞おめでとうございます。そして、このような機会に、当協会の商品を採用して頂けたということをとても光栄に思います。ありがとうございました。

▼東京大学チームのモデル住居内▼

エネマネハウス2014で最優秀賞を受賞した東京大学のモデル住居内 エネマネハウス2014で最優秀賞を受賞した東京大学のモデル住居内 エネマネハウス2014で最優秀賞を受賞した東京大学のモデル住居内


 

■各リンク先