PVソーラーハウス協会 > NEWS > お知らせ > 『停電対策住宅を考える』オンライン研修会のご案内

『停電対策住宅を考える』オンライン研修会のご案内

拝啓 貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。              

先日2 月13 日(土)福島県沖で震度6 強(M7.3)の地震が発生しました。
東日本を覆うような広範囲の地震でしたが協会本部の茨城県では震度5 弱から震度4 と一部で停電が発生しましたが被害は少ない状況でした。各地で被害が出ていることから心よりお見舞い申し上げます。 

さて、先日のオンライン研修会では「気候変動の脅威から住宅づくりを考える」として今できるレジリエンス住宅の太陽光の強化施工、停電対策、断水対策などいくつかをご説明させていただきました。
そこで今回は「停電対策住宅」にテーマを絞り研修会を実施致します。
今までは予算がある人が停電対策(蓄電池やV2H)をしているという認識があった思います。
昨今の自然災害の状況を踏まえ今回の研修では「少ない電力かもしれないが安価に停電対策がされた住宅の販売が出来る」そんなシステムをご提案いたします。
所得が少ない人でもできる停電対策住宅(数万円)をベースに従来の蓄電池システムやV2H システムなど改めて製品考え方や特徴についても解説致します。
是非日程ご調整の上ご参加くださいますようお願い申し上げます。

■研修会の概要

❶研修内容:『停電対策住宅を考える』
・蓄電池の市場動向
・予算に合わせた停電対策
・蓄電池システムの種類や特徴を整理
・蓄電池の導入メリットとデメリット
・お勧めするシステムの解説など
・レジリエンス住宅の販売手法
❷開催日時:2021 年3 月30 日(火)14:00~16:30
❸申し込み方法:別紙申し込み書をFAX ください。改めて視聴用のご案内をいたします。
❹視聴方法:Zoom ウェビナー(PC などでご視聴ください)
❺参加費用:正会員 無料、準会員 税込3,300 円/社(入金確認後に正式案内になります)
❻参加方法のご案内:お申込み受理後、後日ご案内いたします。
以上

◆「オンライン研修会のご案内」PDFデータのダウンロードは、こちらからダウンロードしてください。