PVソーラーハウス協会 > NEWS > イベント情報 > 『気候変動の脅威から住宅づくりを考える』 オンライン研修会のご案内

『気候変動の脅威から住宅づくりを考える』 オンライン研修会のご案内

2020年は、新型コロナウイルス感染症から約1年が経過しようとしておりますが、いまだに猛威を振るっている状況にあります。また、この感染症問題から社会的に生活スタイルなども大きく変化し大変な時代になっています。


PVソーラーハウス協会では、6月より新体制のもとスタートをしておりますが、通常時に行っていた会員様への研修会の実施や情報発信、営業上のご支援を行うことができておりませんでしたこと深くお詫び申し上げます。


新年となる2021年からは当協会の活動理念である『快適な住環境と省CO2化住宅の普及支援』を基盤として活動してまいります。特に近年各地で発生する自然災害の脅威から対策できる『レジリエンス住宅』の普及を柱として情報をお届けしていきたいと考えております。


今回の研修では、『気候変動の脅威から住宅づくりを考える』と題して、改めて気候変動問題、環境対策における企業経営、国やハウスメーカーの動向を交え、今できるレジリエンス住宅についてオンラインセミナーを開催いたします。
研修会日時は、下記の通りとなりますので是非、日程のご調整の上ご参加くださいますよう何卒宜しくお願い申し上げます。
                                 

■研修会の概要

❶研修内容:『気候変動の脅威から住宅づくりを考える』
・気候変動による温暖化問題(各地で発生する自然災害の脅威)
・世界や日本の環境対策の方向性
・気候変動と企業経営(SDGs、RE100など)
・ハウスメーカーの動向
・今できるレジリエンス住宅
❷開催日時:2021年1月28日(木)13:30~16:30
❸申し込み方法:別紙申し込み書をFAXください。改めて視聴用のご案内をいたします。
❹視聴方法:Zoomウェビナー(PCなどでご視聴ください)
❺参加費用:正会員 無料、準会員 税込3,300円/社(入金確認後に正式案内になります)
❻参加方法のご案内:お申込み受理後、後日ご案内いたします。
以上

◆「オンライン研修会のご案内」PDFデータのダウンロードはこちら
 「オンライン研修会のご案内」