P.V.ソーラーハウス協会 > 活動内容 > 2050年型 協会事務所

2050年型 協会事務所

事務所コンセプト

P.V.ソーラーハウス協会事務所2012年秋に完成いたしました弊社の新事務所は、自然エネルギーを効率良く活用し、建物と設備機器を上手に選択し、居住性や利便性を向上させるよう計画することによりエネルギー消費を削減することが出来る『パッシブ設計』を基本として建設されました。今後到来する低炭素社会に対応すべく、エネルギー消費の大幅な削減とエネルギー自体を生産する設備を有し、可能な限り再生エネルギーを利用するオフィスです。

 

 

 

パッシブ設計とは

パッシブ設計とは(P.V.ソーラーハウス協会 事務所1F図面)太陽光や熱、風といった“自然エネルギー”を活用し、エアコンなどの機器を出来るだけ使わないで快適に暮らすことを目指した設計手法のことです。設計時の建設的工夫(建材の種類やサイズ、窓や軒の配置やサイズなど)によって、住宅での消費エネルギーを大きく減少させることが出来ます。

 

 

 

建物仕様

・建築面積:228.36㎡(68.94坪)
・1階床面積:223.58㎡(67.49坪)
・2階床面積:198.83㎡(60.02坪)
・延床面積:422.41㎡(127.52坪)
・構造:2×6構造
・熱損失係数(Q値):0.99W/㎡K 自然温度差:13.76℃(QPEXより試算)
・断熱仕様:壁 HGW16K(140mm)、屋根 HGW16K(200mm)、基礎 ビーズフォーム特号(60mm)
窓 樹脂サッシペアガラス(南)、南以外樹脂サッシAr Low-Eガラス(空気層16mm)
ハニカム構造・断熱ブラインド、換気 第一種熱交換換気(スティーベル)

日射取得

・日射取得型パッシブデザインを採用
(日射取得量:窓 3,517W+壁集熱3㎡355W=3,872W)

蓄熱

・日射取得ゾーン:黒タイル+土間コンクリート+29度潜熱蓄熱
水蓄熱(ウォータータンク)約2,300L
・1F廊下部:ヒートポンプ式温水床暖房+土間床+32度潜熱蓄熱
・打ち合わせ室:壁に25度潜熱蓄熱
・1㎡あたりの熱容量766.30kJ

その他

・エコキュート+太陽熱(6㎡)給湯システム
・トップランナーエアコン(APF6.5)
・日射遮蔽:アウターシェード

導入技術はこちら温熱報告はこちら