断熱・気密

ヒートショックや健康被害を防ぐ住宅の断熱・気密

現状では冬場のヒートショックが原因により入浴中の死亡事故がなかなか改善されません。低温による健康影響を無くすには、住宅全体の温度を上げることがいちばんです。しかし、断熱性能が悪いスカスカの住宅では、いくら居間や廊下、脱衣所などを暖房しても暖まらず、たとえ部分間欠暖房にしたとしてもエネルギー消費だけが増加してしまいます。そこで温度差のない暖かい空間を実現する為には、住宅の断熱性能を上げることが重要なのです。

[ヒートショックについて]

住宅の断熱性能が高くなると最小限の暖房エネルギーで住宅全体を暖めることが出来るようになり、省エネにもなります。また、今まで住んでいた住宅で、せきやのどの痛み、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎といった症状のあった人が新築の戸建て住宅に転居した場合、その住宅の断熱性能が高ければ高いほどそういった症状が改善される人の割合が増えるそうです。

断熱性能の高い住宅で暮らすことは、様々な症状を改善したり、病気を防いだりと、人が快適で健康に暮らすための第一歩だと言えるのです。当協会は、住宅全体の温度差がない快適で健康的な住環境を皆様に提案します。

[ミスナール体感温度]

 

断熱とは

熱は高いところから低いところへ移動します。住宅でいうと冬場に室内を暖房していても気温が低い外へと熱は奪われてしまいます。つまり住宅では外気に接している壁や屋根、窓などから熱が移動します。この熱の動きを小さくするのが断熱です。断熱性能が低いといくら暖冷房しても快適にならないということが起きてしまいます。

 

断熱性能のものさし

断熱材の性能を示すものに熱伝導率(λ値:W/mK)があります。これは、材料固有の値で熱伝導率が大きいほど熱を伝えやすく、その値が小さいほど熱を伝えにくい優れた断熱材と判断します。また、熱伝導率以外に考えなといけないものが断熱材の厚み=熱抵抗値(R値:㎡K/W)です。伝導率が少し悪くても厚みが多くなることでその断熱材の性能をカバーすることができます。優れた熱伝導率のある断熱材はコストも高くなるため、導入コストと断熱性能のバランスを計画することが重要です。断熱性能の”ものさし”とは、「熱抵抗値(R値:㎡K/W)」です。その数値の大きいものほど断熱性能が高いものと判断します。

『 熱抵抗値(R値:㎡K/W)=厚み(m)÷熱伝導率(W/mK)』

dannetuzaihikaku

    ※各断熱材の厚みを30mm、40mm、50mm、100mmとした場合の熱抵抗値の比較表  

  

協会がおすすめする断熱材

高性能グラスウール16K品 熱伝導率0.038W/mK

グラスウールは日本の断熱市場で48%シェアを持っている断熱材です。一般的には、高性能タイプなど様々な断熱材がありますが、最もコストが抑えられる断熱材です。また、最近では住宅の汚染化学物質としてホルムアルデヒドや健康について注目されていますが、グラスウールはF☆☆☆☆であり、しかも主に壁体内に施工されるので室内環境への影響はありません。国際ガン研究機関(IARC)は2001年にグラスウールを含む人造鉱物繊維を“ヒトに対する発ガン性に分類し得ない物質”であるグループ3としてお茶を飲む行為と同等であると評価されました。

 

高性能グラスウール(パラマウント硝子工業株式会社)

グラスウールの値を100とした場合のコスト比較

高い断熱性能を最も低コストで実現

私たちの身近で最も熱を伝えにくいものは静止した空気。グラスウールはガラス繊維の間に大量の静止空気を含み、高い断熱性能を発揮します。グラスウールの断熱性能は、密度と厚さで変化。一般的には、密度が高いほど、厚さを増すほど断熱性能がアップします。グラスウールは一定の断熱性能を最も低いコストで実現する経済的な断熱材です。

 

 

有毒ガスの出ない、安全な不燃材料

有毒ガスの出ない、安全な不燃材料「グラスウール」

グラスウールは、不燃のガラスを主原料としており、火災時の延焼時に猛烈な発煙や有毒なシアン系ガスを発生しないため、避難時の安全確保にも有効な建築材料と言えます。

 

 

 

経年変化が少なく、長期間性能を維持

経年変化が少なく、長期間性能を維持する「グラスウール」

グラスウールは、高温多湿条件でも形状安定性に優れた断熱材料で、プラスチック系断熱材のような温度変化による収縮等の変形が見られず、断熱欠損のない安定した断熱性能を発揮します。写真は、高温多湿条件を再現したオートクレーブ法による促進試験結果※を示しています。※(温度:108℃、湿度:100%、1時間暴露)

 

 

防蟻対策品ビーズフォーム特号 パフォームガード株式会社プラケン)

基礎断熱材には防蟻対策品「パフォームガード」がおすすめです。防蟻対策(ホウ酸)商品で、10年保証対応品です。

 

防蟻対策品ビーズフォーム特号 パフォームガード(株式会社プラケン)

パフォームガードは極寒の南極基地で40年以上も前から使用されている、優れた断熱性能を持つビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)に人体や動物に無害な無機質(ホウ酸系化合物)の物質を、ビーズ一粒づつ均等に含有させる技術を用いて作られており、シロアリが断熱材へ侵入するのを妨げる機能を持っています。成分の自然分解がないため防蟻効果は持続します(注)。日本で防蟻の断熱材として使用されたのはこの商品が初めてです。ISO9001 JISを両方取得している工場で製造されております。

 

ホウ酸系防蟻機能付

防蟻対策品ビーズフォーム特号 パフォームガード(株式会社プラケン) 施工例

パフォームガードの防蟻薬剤は無機質であるホウ酸を使用しています。ホウ酸は木材保存剤として世界中で使われており、木材をシロアリや腐れなどの劣化生物から長期間守ります。米国環境保護庁に認可された数少ない木部用保存剤です。ホウ酸をEPSへ添加させる特許技術をアメリカAFM社が開発しました。基礎断熱以外の屋根・天井・壁・床等の全ての断熱部位に安全に利用できます。

 

改正省エネ基準にも対応

基礎断熱・土間床断熱で使用されるパフォームガード タイプ9の熱伝導率は0.034W/(mK)。床下断熱材として使用されるドイツBASF社ビーズでできたパフォームガードANB18の熱伝導率は0.032W/(mK)。北海道のⅠ地域においても全ての断熱部位で問題なく使用できます。

 

経年変化が少ない

ポリスチレンフォームは押出式(XPS)とビーズ法(EPS)に分かれます。パフォームガードはEPSです。XPSは製造直後の熱伝導率の数値はEPSに比べ低い(断熱性能が良い)が、製造直後から2~3年かけて発泡ガスが抜けていき、熱伝導率はEPSに近づいて行きます。EPSは25年経過してもほとんど断熱性能に変化がありません。[参考:EPS建材推進協議会]

 

吸水性が極めて低い

EPSでも一番密度が高い特号グレードです。JISの吸水量の規格値は1g/100平方センチメートルで、魚箱やクーラーBOXのようにほとんど吸水しません。EPSのビーズの吸水量は0.1g/100平方センチメートルです。一般的にホームセンターで売られているEPSは4号グレード(密度が低い)でJIS規格の吸水率は1.5です。パフォームガードは基礎断熱材や土間床下の断熱材として問題なく使用可能で、軟弱地盤地の盛土の代わりに使用されている事からも水に強い事がわかります。[参考:EPS建材推進協議会

 

 

気密とは

いくら断熱をしていたとしても仮に住宅に穴が開いていたとしたら、そこから外気が入ってきてしまいます。住宅には少なからず隙間が生じます。合板をつなぎ合わせていてもそこには隙間が生じます。この住宅の隙間を表現するのが相当隙間面積C値と呼ばれます。住宅の延べ床1㎡あたりどのくらいの隙間があるかという数値です。これは小さいほど住宅の気密性能がよいということになります。

なぜ必要なの?

高断熱化を行うと暖冷房に使用するエネルギーが少なくなります。しかし、断熱と気密を一体に計画しないと、住宅に隙間が生じ、隙間からどんどん漏気が入り暖めた空気や冷やした空気が逃げてしまい断熱効果を発揮することができません。また、建物の気密化が十分でないと換気も計画的に空気を運ぶことができず空気環境に影響を及ぼします。特に気密と防露対策を同時に行うことで壁体内結露を防御することができます。冬に室内の湿った空気が壁の中などに入り込み、その空気が壁の中で冷やされてしまうと結露となります。これは壁体内結露と呼ばれ、見えない箇所で起きるため住宅の寿命に影響させてしまう恐れがあります。

 

気密部材・その他部材

■気密部材

北海道気密販売株式会社製品

気密テープ

気密パッキン

マドエース

ボード気密工法用パッキン

ボーシツ 防水ゴムシート

気密コンセントボックス

気密化補助部材

木製点検口

■通気部材

屋根通気(ダンボール通気スペーサー)

棟通気

軒通気

外壁通気 等