換気

換気とは

換気システムは室内の汚れた空気を外へ排出し、屋外の新鮮な外気を中に取り入れることで室内を衛生的に保ち、快適な住環境を維持する為に必要なシステムです。

 

なぜ換気が必要なの

人が健康的で衛生的な生活を行う為に必要な居室における必要換気回数は0.5回/hとされており、法律によっても住宅の最小換気回数は0.5回/hと定められています。

室内の空気は屋外の空気に比べて汚れてしまいます。人が活動する中で発生する呼吸由来のCO2(二酸化炭素)、キッチンやお風呂場から発生する水蒸気、ゴミやトイレから発生する臭い、部屋に溜まったほこりなど。換気をしっかりと行わなければ、空気の汚れが室内に滞留することになります。

また、室内では壁や床の塗材から、ホルムアルデヒドやトルエンなどのVOC(揮発性有機化合物)が発生しています。VOCはシックハウス症候群という病気の原因になります。シックハウス症候群になると、めまい、鼻水、のどの痛み、吐き気、頭痛など、人により様々な症状を引き起こします。その被害は深刻で、その家にいる限り体調が良くなることはありません。

換気は基準をしっかり守って行わなければ、不快感を感じるだけでなく、時には健康を損ない病気にかかってしまうという結果を招くのです。

 

換気の種類

換気方式による分類

換気方式による分類は、以下の3つに分類されます。

第3種換気

現在、最もよく使われているのが第3種換気です。排気ファンで室内の汚れた空気を排出し、給気口からきれいな空気を自然に取り入れる、排気だけを機械化した換気システムです。

第2種換気

送風機で室内に外気を取り入れ排気は自然排気で行う、給気だけを機械化した換気システムです。例えば病院などで使われており、一般的な住宅ではあまり使われません。

 第1種換気

給気・排気の両方を機械化し、強制的に同時給排を行う換気システムです。
例えば、給気口に送風機を設けて外気を取り入れ、排気口から排気ファンによって室内の汚れた空気を外へ排出します。
外気を出来るだけ室内の温度に近付けてから給気する、熱交換型の換気がおすすめです。一般的には熱交換をしない換気の導入が多い為、冬季であればせっかくの暖房エネルギーも無駄に排気してしまい多大な熱ロスの原因の1つとされています。
省エネが叫ばれている現在、熱を無駄にせず空気を入れ替えることができる高効率の熱交換型換気をおすすめします。

 

交換対象による分類

熱(顕熱)だけを交換する『顕熱交換』と、熱(顕熱)と湿度(湿度)を同時に交換する『全熱交換』の2つに分類されます。

顕熱交換

kennetu顕熱交換は、排気する空気から「熱」だけを給気する空気に戻す換気方法です。例えば熱交換率90%の場合、外気温が0℃、室温が20℃なら、給気する空気の温度を約18℃にして室内に戻します。ただし湿気は交換することが出来ないので、湿度の影響が大きい地域や空調の運転方法によっては湿度も交換できる全熱交換が有利になることもあります。また、顕熱交換では湿気だけでなく臭いも戻さないので、お風呂やトイレを換気ルートから外すことなく合理的な換気計画ができます。

全熱交換

zennetu全熱交換は排気する空気から「熱」と「湿気」を給気する空気に戻す(交換する)換気方法です。換気による熱のロスが少なく、顕熱交換に比べ効率的な換気の方法と言われています。ただし全熱交換では湿気と一緒に臭いも戻してしまいますので、全熱交換を採用する場合は臭いの発生するトイレと水蒸気が発生するお風呂は換気ルートから外し、局所換気にしなくてはいけません。また、導入コストが少し割高です。

協会がおすすめする「第一種熱交換型換気」

P.V.ソーラーハウス協会では、効率よく新鮮な空気を取り入れ、汚れた空気を排出する第1種換気型で、かつ、エネルギー効率の低下を防ぐことのできる熱交換型換気を、強くお奨めしております。第1種熱交換型換気と第3種換気の比較

 

換気システムの導入ポイント

換気システムの導入については、以下の5点がポイントとなります。

  1. ①熱交換効率の高い換気システムで熱ロスを抑制する
  2. ②DCモーターの省エネタイプの導入
  3. ③圧損抵抗の少ないダクトで消費電力を低減する⇒主ダクト150φ以上、枝ダクト100φ以上とする
  4. ④導入時に給気・排気量をきちんと調整する
  5. ⑤メンテナンスを容易にする「見える化」のシステム

お手軽に安心して使用いただけるものがポイントです。

風量測定器

スティーベル4

協会がおすすめする第一種熱交換型換気設備

詳しくは、こちらをご覧ください。