P.V.ソーラーハウス協会 > NEWS > お知らせ > 第21回総会(那覇)開催のご案内

第21回総会(那覇)開催のご案内

昨年の10月をもって当協会は設立20年が経過しました。今年の2月には、協会の活動理念であります『「住宅の省CO2化」と「健康で快適な住環境の普及」』をテーマに、札幌にて寒冷地編の総会を開催いたしました。

第21回総会は6月に夏の那覇にて『「住宅の省CO2化」と「健康で快適な住環境の普及」蒸暑地編』と題して開催いたします。

ゲスト講演者には、日本の省エネ住宅の第一人者で、夏対策の事例にも詳しい東京大学の前真之准教授をお招きし、蒸し暑い季節の対策について東南アジアの例も交えながらお話しいただく予定です。

また、両日午前中の見学会では蒸暑地域ならではの工夫がされている物件を見学いただく予定です。産業革命以降、既に1度の平均気温上昇が生じ、日本国内でも降雨、風、気温など極端な気象現象が頻発しています。IPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)による発表では、今世紀末には平均気温が最低1度の上昇、場合によってはさらに3度程度も上昇する可能性もあり、将来的には全国ほとんどの地域で最低限の夏対策、さらに沖縄県のような烝暑対策が必要となります。

今回は沖縄県の住宅を見聞することで、蒸暑対策や会員各位の住宅への対策を考える機会にしたいと思っております。

尚、例年では6月20日頃に梅雨が明けております。総会の開催時期には梅雨明けの蒸暑が体感できる予定です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

 

第21回総会 in 那覇 見どころ

テーマ:「住宅の省CO2化」と「快適な住環境の普及」蒸暑地編

1日目のポイント:夏型住宅の理解と問題点の把握

ZEHに対して出遅れていた沖縄県ですが、少しずつZEHが根付いてきました。協会が取り組んできたZEH普及に向けた活動は他の地域でもZEH 発展の参考になる可能性があると考えています。東京大学大学院准教授 前真之氏による海外の蒸暑対策も含めたご講演も踏まえて、沖縄県の住宅と問題点、住宅事業者について知っていただきたいと思っております。
また、琉球大学教授 眞榮平孝裕氏より、現在琉球大学が県内企業とスクラムを組んで取り組んでいるZEH推進に関する産学連携プロジェクトについても併せてご講演いただきます。

 

2日目のポイント:暑さ対策と湿度対策/ZEH・LCCM住宅訴求への課題

初日で学んだ、暑さ対策、湿度対策をどう実行していくのか、さらには ZEH、その先のLCCM住宅への取り組みを社内にどう落とし込み、どのように顧客へ訴求していくのかをテーマに、南野の講演、沖縄の企業とのディスカッションを行います。
前回の札幌総会では、「ZEHの普及のためには太陽光発電の価格低下が必要。キーワードは『8kWシステムを材工原価100万円以下の体制を整える』」とお伝えしました。今回の沖縄総会でも、ZEH普及のための「キーワード」をお伝えしたいと思っております。そのキーワードを実行した企業に顧客が行列を作る・・・かもしれません。ぜひ会場にてご確認ください。

総会・研修

ゲスト講演者のご紹介

東京大学大学院工学系研究科建築学専攻
准教授 前真之 様
専門分野:建築環境工学
研究テーマ:住宅のエネルギー消費全般
特に省エネ基準における給湯・コジェネ設備の実態に即した1次エネ評価手法の開発に関わる。現在は、暖房や給湯にエネルギーを使わない無暖房・無給湯住宅の開発・研究に取り組んでいる。

琉球大学物質地球科学科
教授 眞榮平孝裕
 
専門分野:建築環境工学
研究テーマ:住宅のエネルギー消費全般
特に省エネ基準における給湯・コジェネ設備の実態に即した1次エネ評価手法の開発に関わる。現在は、暖房や給湯にエネルギーを使わない無暖房・無給湯住宅の開発・研究に取り組んでいる。

見学会

 

 

 

 

 

 

那覇市・南城市エリアを中心に計6~7物件を見学いたします。
夏を快適に過ごすための日射遮蔽の工夫や、断熱の考え方、意匠性等、各社のこだわりの詰まった住宅・モデルハウス等を見学します。RC造住宅のシェアが高い沖縄県ですが、今回見学する住宅は全て木造で、ZEHを達成している物件も複数含んでおります。
蒸暑地域における快適な住環境をぜひご体感ください。

 

※写真は一例です。

 

 

 

開催概要

日程 (予定)

日程 午前 午後 夜間
平成30年6月27日(水) 8:00~ 住宅現場の見学 13:00~ 会場にて総会・研修 懇親会
平成30年6月28日(木) 8:00~ 住宅現場の見学 13:00~ 会場にて総会・研修 16:00  解散予定

会場

沖縄県青年会館 大ホール
〒900-0033 沖縄県那覇市久米2-15-23

 


 

その他詳細につきましては、2018年5月22日配信の

P.V.ソーラーハウス通信 2018/15 又は ECO建材商流通信 2018/14 をご確認ください。

会員企業様以外でご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください(メール:info@pv-solar.co.jp)。

皆様のご参加を心よりお待ちしております!