P.V.ソーラーハウス協会 > NEWS > お知らせ > 【会員対象】『2018年度 住宅関連政策&補助金&格付け対策研修』開催のご案内

【会員対象】『2018年度 住宅関連政策&補助金&格付け対策研修』開催のご案内

 

2018年度の住宅政策は、2017年に比べて大きく変化します。特に、ゼロエネルギー住宅(ZEH)関連の政策は大きく前進し、様々な住宅に対して補助が実施され、その総額も1,000億円に届こうかというレベルです。これは昨年までの補助事業の数倍の規模となります。その分、戸建て住宅、建売、集合住宅など様々な住宅に対して補助金が給付されるため、一気にZEHが普及、標準化される可能性があります。特に注目はZEH+(プラス)制度建売に対してのZEH補助制度で、前者はグループ申請のように枠取りが必要ですが補助率が非常に高く、後者は10物件以上に対して一気に申し込む必要がありますが、事業が2年間、更には業者に対しての実行と、非常に使いやすい補助事業となっています。

更に、今年度からZEHビルダーの格付け制度がスタートしビルダーの順列が明確化されます。格付けの上下によって今後は大きな差が生じてしまい、早期で最高等級の格付けを取得する必要があります。

今回の研修は年度始めということもあり、新入社員が入社した企業も多くいると思います。住宅政策の方向性、ZEHの解説など、日本と海外の住宅政策、住宅の違いなど住宅業界の基礎的な内容も研修に取り入れます。是非ともご参加下さいませ。

■開催概要

◆内容◆(予定)

  1. ZEHって何?国の方向性と住宅マーケットの今後
    日本の住宅マーケットは刻々と変化している。ZEHとは何か?等、考え方をおさらいした上で、日本の住宅はどこへ向かっていくのか、国の政策を読み解いた上で、今後の日本の住宅マーケットを予測する。
  2. 2018年度 住宅関連補助金の概要と対策
    2018年度には、「ZEH+」という新たなZEHの登場、補助制度が新設される他、建売ZEHの補助にも新たな動きがみられる。新しく追加された点、補助金のポイント解説や申請方法、活用方法等について、国の補助金説明をかみ砕き、客観的な視点から要点を解説。
  3. ZEHビルダー格付け制度と★5評価を獲得するための対策
    いよいよ始まるZEHビルダー評価(格付け)制度。制度の全体像と、早期に★5評価を獲得するための対策について解説。

◆日程◆

各回13:00~16:30(受付12:30~)

日程 会場
4月16日(月) 東京会場
4月17日(火) 福岡会場
4月19日(木) 札幌会場
大阪会場
4月20日(金) 帯広会場
名古屋会場
那覇会場

 

◆申込方法◆

参加者 経営者の方、設計・営業の方
申し込み・参加受付 各会場4月13日(金)まで申込受付
※申込受付後、請求書を発行いたします。参加前に振込にてお支払いください。
費用 7,560円/1名(税込)、追加3,240円/1名(税込)
持ち物 筆記用具(3色以上)、ノートパソコン、延長コード