P.V.ソーラーハウス協会 > NEWS > お知らせ > 『第20回総会』(札幌)開催のご案内NEW

『第20回総会』(札幌)開催のご案内NEW

1997年に創設されたP.V.ソーラーハウス協会は、2017年をもって20周年を迎えました。協会の活動理念である「住宅の省CO2化」と「健康で快適な住環境」の普及は時代の流れとともに認知され、今の時代流の表現では「ゼロエネルギー住宅」と「健康維持増進住宅」の名称で制度化されています。

今回の総会は20回目の節目として初心にかえり、

『「住宅の省CO2化」と「快適な住環境の普及」寒冷地編』

をテーマに開催いたします。

 

第20回総会 in 札幌 見どころ

総会・研修

国レベルでの住宅の省CO2化に向けた動きのなかで、住宅の高断熱化やZEHの考えは着実に広がってきましたが、同時に様々な問題も生じます。性能競争が進む中、どれくらいの断熱性能が必要なのか?他社とどのような差別化を図っていくべきか?ZEH標準社会の住宅で次に求められるのは?など。今回の講演・ディスカッションでは、アンケートという形で皆様から事前に意見を頂戴し、皆様の「知りたい」という点にお答えしたいと思っております。

ゲスト講演者のご紹介

住宅技術評論家 南雄三 様

省エネ・エコハウスの学術的な研究成果を独自のフィルターにかけながら住宅業界、消費者に伝達していく住宅技術評論が本業だが、住宅産業を知り尽くした目で住宅産業全般のジャーナリストとしても活躍。また、若い頃世界50カ国を放浪した破天荒な経験をもち、今でも海外に出かけ、スケッチをしたり、自主ゼミを開くなど、遊びと仕事の区別がない自由人としても知られる。

 

山本亜耕建築設計事務所 代表 山本亜耕 様

北海道を代表する高断熱・高気密住宅の第一人者。建築物の省エネ化/住宅を中心に2009年より300mm断熱をはじめ自然エネルギーを取り入れ、北海道ならではの地域特性を活かした家づくりに取り組む。

 

 

見学会

❶山本亜耕様設計の300mm断熱の施工中物件、
❷日本エコハウス大賞2017にて優秀賞を受賞した物件、
❸秋田の建築家 西方里見様とのコラボ物件、
❹パッシブハウスジャパン理事の松尾和也様とのコラボ物件、
❺札幌近郊の地元ビルダー設計・施工のZEH物件等

意匠性と性能が両立した見どころいっぱいの物件見学を予定しています。寒さの厳しい札幌でも快適な室内環境をぜひご体感ください。

 

開催概要

日程 

日程 午前 午後 夜間
平成30年2月20日(火) 8:30~ 住宅現場の見学 13:00~ 会場にて総会・研修 懇親会
平成30年2月21日(水) 8:00~ 住宅現場の見学 13:00~ 会場にて総会・研修 16:00  解散予定

会場

札幌コンベンションセンター 小ホール
〒003-0006 北海道札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1

 

 

アンケートへのご協力のお願い

今回の講演・ディスカッションではアンケートという形で皆様から事前に意見を頂戴し、皆様の「知りたい」「こんな話を聞いてみたい」という声にお答えしたいと思っております。

意見をお持ちの方は、ぜひアンケートにご協力ください!

 


 

その他詳細につきましては、2017年12月27日配信の

P.V.ソーラーハウス通信 2017/36 又は ECO建材商流通信 2017/35 をご確認ください。

会員企業様以外でご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください(メール:info@pv-solar.co.jp)。

皆様のご参加を心よりお待ちしております!